ワーキングホリデーでカナダ留学

by author



ワーキングホリデーとは二国間協定に基づき18歳から30歳(協定国によっては25歳まで)の若い世代の人々が相手国に滞在しながら一定の範囲内で労働に従事することを認めた制度です。


1年間という期間限定の制度ですが働きながら活きた言葉や異文化を肌で感じ、学べるので非常に人気が高い制度です。高い実績がある制度ですので、皆さんの身近にもこの制度を利用した方がいらっしゃると思います。現在、ワーキングホリデーで滞在可能な国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツなど14カ国となっています。今後もワーキングホリデーの協定国は増えてくると思われます。



これらの国のなかでも特に人気が高い国がカナダです。

人気の理由としては語学を学ぶ環境が整っていること、治安が良く都市部でも安全であること、世界有数の先進国であり生活し易いこと等が挙げられます。豊かな自然に魅力を感じる人も多いでしょう。
実際にこの制度を利用してカナダ留学を計画する人も相当数にのぼります。

ワーキングホリデービザならば現地で働いて収入を得ることが出来るので経済的な負担を軽減することも出来ます。

カナダ留学情報の公開中です。

地域によっては従事すること職種には若干の違いはあるようですが、日本人の場合はサービス業務に従事する人が多いようです。

nanapiを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

どんな仕事であっても労働を通じて活きた英語とカナダの空気を感じられるはずです。

それは机上の勉強だけでは学べない貴重な経験となることでしょう。

この制度を利用することで誰かと同じカナダ留学ではなく貴方だけのカナダ留学を実現することが出来ます。